中央建設 採用サイト > 先輩インタビュー > 曽根原 伸一 (2020年入社 55歳)

曽根原 伸一 (2020年入社 55歳)

曽根原 伸一

曽根原 伸一

Shinichi Sonehara

施工管理部 主任 2020年5月入社
(55歳)

50代からの施工管理再挑戦へ

  • 建設業界での経験は何年ですか?

    37年くらいです。建設業界は長いのですが、経験した職種はさまざまです。現場以外の設計や積算の仕事も経験し、前職では一般的な木造住宅の設計の仕事をしていました。

  • 前職から転職を検討するきっかけはどのようなものでしたか?

    当時の会社の受注量が減ってきて、先行きが不安な面がでてきたので転職を検討するようになりました。そして転職サイトで中央建設の求人を見つけて応募しました。最初は積算の求人で応募したのですが、社長との面接の中で施工管理をやってみないかという話になりました。施工管理は20代のころに経験がありましたが、30年ほどブランクがあり、そのこともお伝えしましたが、それでもぜひということでしたので挑戦してみようと思い入社しました。

  • 今担当している現場はどのような物件ですか?

    RC造の12階建のマンションです。建設業界には長いこといますが、マンションを担当するのは初めてです。

  • 実際に入社してみていかがでしたか?

    入社前は久しぶりの現場で不安でしたが、足りない知識は学びながら仕事できているので特に問題はありません。ブランクがあってもなんとかうまくやっていけると安心しました。

  • 中央建設の求人を見てどのようなところに惹かれましたか?

    建設業界の中では珍しく完全週休2日制であることなど、働き方改革に積極的に取り組んでいるところが魅力的に思いました。前職だと土曜日は隔週で休みだったので。

  • これからやっていきたい仕事は?

    自分でできることがあればどんなことでもやっていきたいと思います。施工管理にとどまらず、需要があればほかの業務もやっていきたいです。現場に関してはブランクがあるので、自分の知識はこれからどんどんレベルアップしていきたいと思います。

  • 久しぶりに現場監督に復帰して、面白いところはどんなところですか?

    現場は日々状況が変わるので、やり方などもそのときどきで変化していく点です。自分で考えて図面を描くことにやりがいを感じます。

  • 同年代の転職を考えている人に、中央建設はおすすめできますか?

    会社の環境として、50代60代の方も多くいて、転職してきても働きやすい会社だと思います。完全週休2日制で振替休日もきちんと取れるので、メリハリをもって働きたい人にはぴったりです。また、定年の年齢が70歳なので、長く働きたいという人にとってもおすすめですね。

  • オフの日はどのように過ごしていますか?

    山登りが趣味で、高尾山などに登ったりしています。あとは自転車も趣味なので、自転車に乗って高尾山まで行き、登って帰ってくることもあります。

  • 社長メッセージ - Message
  • リレーワークとは - What is relay work
  • 先輩インタビュー - Interview
  • 働く環境 - Work environment
  • ムービー - Company Movie
  • 募集要項 - Job description
Copyright © CHUO CONSTRUCTION All Right Reserved